理学療法士に身体をみてもらうメリット

理学療法士

今回は理学療法士という職業について紹介していきます。

理学療法士という名称だとあまりピンとくる方は多くないかもしれませんが、病院や施設などでリハビリの仕事をしている人と言えばイメージしやすいと思います。

スポンサーリンク

理学療法士ってどんな職業??

■理学療法士(Physical Therapist:略してPT)とは…

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職。国家資格。

■理学療法士が活躍する場所

高齢化が進む現代において理学療法士の数は年々増加しており、病院だけでなく介護施設などさまざまな分野においても多くの理学療法士が活躍しています 。
主に理学療法士が働く場所・分野は以下の通りです。

・医療施設(病院、クリニックなど)
・福祉施設(介護老人保健施設、デイサービスなど )
・地域医療(訪問リハビリ、保健センターなど)
・教育・研究機関
・一般企業( 医療書籍の執筆・編集、 福祉関連機器の販売や製造業務など )
・スポーツ分野

上記以外の場所でも様々な分野で理学療法士は活躍しています。

また近年はインターネットの影響で個人での情報発信や活動がしやすくなっている時代なので、理学療法士の知識・技術を活かして独立したり、フリーランスで活躍する方も増えてきています。

ただ、理学療法士は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者 」と定義されており、医師の指示なしに理学療法を行なうことはできません。
そのため理学療法士に開業権はありませんが、理学療法士の資格をベースにその知識や技術を活かして整体院やリラクゼーションサロン等を経営するケースが多くなっています。

理学療法士に身体をみてもらうメリット

人の身体をケアする職業として理学療法士の他に、整体師やマッサージ師などがいますが、理学療法士に身体を診てもらうメリットはどこにあるのでしょうか?

理学療法士に身体をみてもらうメリットは以下のようなことが考えられます。

●姿勢・動作分析に長けているため適切な身体の評価が行える
●解剖学、運動学、生理学、医学的知識など幅広い専門知識を有している
●徒手療法や運動療法など症状に合わせた適切な施術・トレーニングを選択できる
●現状の身体の状態・症状から、身体がどのように変化していくか予後予測ができる
●その場しのぎの施術だけでなく、症状を引き起こしている本質を捉えることができる
●予防医学の観点から、セルフケアやセルフトレーニングの指導が行える
●科学的根拠に基づく施術・トレーニングを実施できる

理学療法士あるあるですが、外出した時に無意識に見知らぬ人の歩く動作を分析して、「あの歩き方はあまり良くないな…」「あの人は膝が悪いのかな?」「あの人は足首を痛めてるのかな?」と1人でよく考えてしまうことがあります。

それだけ理学療法士には動作分析が染みついており、人の身体を評価するという点ではかなりの強みになってきます。

施術・トレーニング後に再度動作分析を行い、動作が改善されていれば適切な施術やトレーニングが選択できていたという評価も行えます。

リハビリテーションと聞くと、怪我や病気の患者が対象というイメージを持たれる方が多いと思います。
しかしリハビリの語源はラテン語で「re(再び)+habilis(適した)」=”本来あるべき状態へ戻す” という意味になります。

怪我や病気でない方も、日常生活の中で 重心の偏りや長時間のデスクワークなどで人それぞれ身体のクセがついてしまっています。

これらのクセが身体のバランスを崩し、肩こりや腰痛などの原因となってくるのです。
だからこそ怪我や病気がなくても身体の不調を感じる方は身体のバランスをリセット(元の状態に戻す)することで、肩こりや腰痛はもちろん怪我のしにくい身体を手に入れることができます

ぜひ身体に悩みを抱えていたり、10年20年先もずっと健康的でありたいと考えている方は身体の専門家である理学療法士に相談してみてはいかがでしょうか?

お気軽にお問い合わせください!

コメント