猫背姿勢が与える身体への悪影響とは?

姿勢

 悪い姿勢と言って真っ先に思い浮かぶ姿勢が「猫背」ではないでしょうか?

現代社会では長時間のパソコン作業やデスクワーク、さらにはスマホ操作によってこの猫背姿勢の人が非常に増えています。

今回は猫背姿勢になる原因と悪影響についてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

猫背になる原因とは?

猫背になる原因として最も考えられるのが、現代人特有の悪習慣です。

・パソコン作業
・デスクワーク
・スマホ操作

長時間、画面を覗き込むような前のめりの姿勢をとり続けることで猫背姿勢となってしまうのです。
つまり、日常生活の中で圧倒的に身体を丸めている時間が長いことが問題なのです。

猫背姿勢は楽に見えますが、身体には大きな負担がかかります。
この状態で首や肩の筋肉が持続的に緊張し続けることで、血流が悪くなり、これが筋肉のコリに繋がっていくのです。
さらに猫背姿勢が習慣化することによって筋肉のバランスが崩れてしまい、なかなか元に戻りにくい状態となってしまいます。

猫背姿勢が身体に与える悪影響

猫背によって姿勢が崩れると以下のような身体の症状を引き起こす可能性があります。

・肩こり
・腰痛
・血行が悪くなる
・呼吸が浅くなる
・目の疲労
・太りやすい
・見た目の印象が悪い
・心理的影響

などが挙げられます。
このように首・肩・腰の筋肉への負担だけでなく、血管や神経、さらには心理にまで及ぼす影響があるのです。

首や肩に約30kgの負荷がかかっている!?

ここでは猫背姿勢が与える筋肉への負担にスポットを当てていきます。

人間の頭は約5kgほどの重さがあります。
しかし、首を30度下げるとそれが約18kgの負荷になり、60度下げると約27kgもの負荷になると言われています。

約27kgといったら小さい子供1人の体重に相当します。
首の上に小さい子供を乗せているような感じとイメージしてもらえれば、どれだけ首に負荷がかかってしまうのかがイメージしやすいと思います。

※上記画像は重さの単位がポンド(lbs)になっているので注意 (1ポンド=約0.45kg)

猫背姿勢は身体が丸まり、頭が前に出た状態であると先程説明しました。
ということは、それだけ首にかかる負担も大きくなっているということです。

そうなると、首を支えるため首や肩の筋肉も常に力が入った状態になり、やがて首や肩のこりへとつながっていくのです。

ぜひ自分で姿勢チェックを!

最初は背筋を伸ばして良い姿勢を意識していたけど、時間がたつと気づいたら猫背姿勢に…なんて経験も多いはず。

パソコン作業・デスクワーク

なかなか自分で自分の姿勢を意識するのは難しいことです。

しかし、パソコン作業やデスクワークの際は、なるべく長時間同じ姿勢をとり続けないことが重要です。

細目に首を動かしてあげたり、背筋を伸ばしてあげるだけでも全然違います。
最低1時間に1回は立ち上がって身体をストレッチしてあげるのが理想です!

また自分に合った高さの机や椅子を用意することも非常に大切です。

スマホ操作

スマホを操作する場合、大抵の人は下を向いて操作すると思います。

しかし前述しましたが、その姿勢は首に大きな負荷がかかる姿勢となっています。
首を傾ければ傾けるほど肩や首の負担が大きくなります。
ですので、首を傾けるのではなくスマホを目線の高さまで持っていき操作することが理想です。

今後、こちらで猫背姿勢を改善するために気をつけることやポイントなども詳しくお伝えしていく予定です!


コメント